ニュース記事一覧へ

2017年6月 5日

労政審が「残業規制」報告を建議  厚労省は8月にも改正法案要綱

 労働政策審議会の第136回労働条件分科会(荒木尚志分科会長)は5日、「時間外労働の上限規制等について」の報告書を了承し、同日、塩崎厚生労働相に建議した。前回(5月30日)の報告書案に微修正を加えたもので、厚労省は建議を受けて早ければ8月下旬にも改正法案要綱を労政審に諮問、秋の臨時国会に提出したい考えだ。

 報告書案は(1)時間外労働の上限規制、(2)勤務間インターバル、(3)長時間労働に対する健康確保措置、(4)その他、の4部構成。(1)では残業について...

 

※こちらの記事の全文は、有料会員限定の配信とさせていただいております。

 

【関連記事】
厚労省が残業規制などの報告書案
労政審、労働条件分科会が概ね了承(5月30日)




 

PAGETOP