ニュース記事一覧へ

2019年3月14日

停止命令期間中に派遣開始で再停止、大阪労働局

 大阪労働局は14日、事業停止命令期間中に派遣事業を行っていたとして、人材派遣会社のキャリアシップ(大阪市淀川区、入山洋和社長)に事業の再停止命令を出した。再停止期間は3月21日から9月20日までの6カ月間。

 大阪労働局は昨年3月29日、同社がいわゆる「偽装請負と二重派遣」を行っていたとして2カ月間の事業停止命令を出していたが、この期間中に少なくとも46社に派遣事業を開始していたことが判明した。

 

【関連記事】
「偽装請負と二重派遣」で派遣・請負事業者に事業停止命令
大阪労働局(2018年3月29日)


 

PAGETOP