ニュース一覧

2017年11月 6日

冬のボーナス、5年ぶり減少  経団連の初回調査

 経団連が6日発表したこの冬のボーナス妥結状況(第1回)によると、加盟企業の総平均は91万6396円(前年比1.19%減、74社の加重平均)で5年ぶりの減少。労組が春闘のベースアップ確保を優先した...

2017年11月 1日

新たな外国人技能実習制度スタート  機構が292の監理団体を認可

 外国人の技能実習制度を抜本的に見直した新法の「外国人技能実習適正実施法」が1日、施行された。これに伴い、法務省と厚生労働省が共管する認可法人の外国人技能実習機構(本部・東京都港区)は、1日付で2...

2017年11月 1日

第4次安倍内閣発足、加藤厚労相ら全閣僚を再任  少子高齢化の克服に向けた政策推進を強調

 10月22日投開票の衆院選を受けた第195特別国会が1日召集され、安倍晋三首相は衆参両院本会議の首班指名で第98代の首相に選ばれた。同日夕に行われた組閣で第4次安倍内閣が発足、加藤勝信厚労相ら1...

2017年10月31日

今年の大卒事務系は21万2873円  経団連の初任給調査

 経団連は31日、今年4月入社の新規学卒者決定初任給調査を発表した。それによると、大卒の場合、事務系が21万2873円(前年比0.65%増)、技術系が21万2774円(同0.76%増)、高卒の場合...

2017年10月31日

事業所、離職者ともやや増加  7~9月の再就職援助計画 厚労省

 厚生労働省が31日発表した2017年度第2四半期(7~9月)の「再就職援助計画」認定状況(速報)によると、認定事業所は145事業所、離職者数は6338人となった。第1四半期より38事業所、195...

9月の有効求人倍率、1.52倍の横ばい  製造、運輸・郵便などの人手不足加速

2017年10月31日

9月の有効求人倍率、1.52倍の横ばい  製造、運輸・郵便などの人手不足加速

 厚生労働省が31日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍となり、前月と同じで、3カ月続けての横ばいとなった。依然として、第1次石油ショック直後の74年前半に記録した1.5~1.6倍...

2017年10月30日

65歳以上定年企業は19.6%  厚労省の17年高年齢者雇用状況

 厚生労働省がこのほど発表した2017年「高年齢者の雇用状況」(6月1日時点)によると、65歳以上の定年企業(定年制の廃止を含む)は前年より約2000社増えて3万社を超え、全体の19.6%を占めた...

働き方改革関連法案の先行き  水町教授が講演「周到な準備を」

2017年10月24日

働き方改革関連法案の先行き  水町教授が講演「周到な準備を」

 東京労働基準協会連合会は24日、都内でセミナー「『働き方改革実行計画』を読み解く」を開き、東大社会科学研究所の水町勇一郎教授が講演=写真、企業の人事担当者や社会保険労務士ら約500人が参加した。...

2017年10月24日

高齢者支える現役世代の負担増  「全世代型」社会保障を 17年厚労白書

 厚生労働省は24日、2017年版厚生労働白書「社会保障と経済成長」を発表した。それによると、少子高齢化によって、高齢者1人を支える現役世代は徐々に減少しており、10年当時の2.8人から15年に2...

2017年10月24日

10月1日の大卒内定率92.7%  過去最高、女子が高率 ディスコ調査

 ディスコが24日発表した来春卒業の大学生の就職内定率は10月1日時点で92.7%となり、1カ月前から1.3ポイント上昇。前年同期の91.2%を1.5ポイント上回り、10月の内定率としては2005...

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGETOP