ニュース一覧

2019年12月18日

日本の時間あたり労働生産性は21位 生産性本部の18年国際比較

 日本生産性本部が18日発表した「労働生産性の国際比較2019」によると、18年の日本の時間あたり労働生産性は46.8ドル(4744円)で、OECD(経済協力開発機構)の加盟36カ国中21位となり...

2019年12月18日

若年労働者比率は27.3%  正規・非正規とも低下 厚労省調査

 厚生労働省が18日発表した2018年若者雇用実態調査によると、全労働者に占める若年労働者の比率は27.3%で、内訳は正社員が17.2%、非正規社員が10.2%。5年前の前回調査に比べ、若年労働者...

2019年12月18日

21年の大卒採用、11.5%が「増える」  10年連続のプラス、ワークス研調査

 リクルートワークス研究所が18日発表した2021年3月卒業生の採用見通しによると、大学・大学院卒者の採用が前年より「増える」企業は11.5%、「減る」企業は7.6%となり、「増える」から「減る」...

2019年12月13日

今冬ボーナス、2%増の71万円余  建設、自動車大幅増、連合の最終集計

 連合が13日発表した今年の年末一時金第3回集計(最終)によると、1組合当たりの加重平均額は71万4067円(前年比2.0%増、2.45カ月分)となった。集計対象は2211労組の103万7489人...

「転職賃金相場2019」を公表、人材サービス産業協議会 求職者、求人企業の双方に利用価値

2019年12月13日

「転職賃金相場2019」を公表、人材サービス産業協議会 求職者、求人企業の双方に利用価値

 人材サービス産業協議会(JHR、水田正道理事長)は13日、正社員の中途採用の代表的な職種別年収や最新の傾向、特徴などがつかめる「転職賃金相場2019」を公表した。求職者には提示された年収が適正か...

2019年12月12日

正社員不足は37ポイント  厚労省の11月労働経済調査

 厚生労働省が12日発表した11月の労働経済動向調査によると、労働者の過不足状況判断DI(「不足」の割合から「過剰」の割合を引いた数値)は正社員で37ポイントとなり、8月の前期から3ポイント低下し...

11月は1111円、前月をさらに上回る  過去最高を更新、ディップのバイト時給

2019年12月12日

11月は1111円、前月をさらに上回る  過去最高を更新、ディップのバイト時給

 ディップが12日発表した11月のアルバイト時給は平均1111円で、前月比4円(0.4%)増、前年同月比54円(5.1%)増となった。前年比は39カ月連続の増加で、10月からの最低賃金の改定を機に...

2019年12月12日

就職氷河期世代ら300人正社員採用  パソナの地方創生、Uターンなど就労

 パソナグループは12日、就職氷河期世代を主要対象にした「Middles Be Ambitious」(MBA制度)を来年4月より開始し、第1弾として正社員300人を採用して地方創生事業などに従事し...

派遣法の実態調査ヒアリング続行 職業紹介「求人不受理」の対象追加、労政審

2019年12月11日

派遣法の実態調査ヒアリング続行 職業紹介「求人不受理」の対象追加、労政審

 労働政策審議会労働力需給制度部会(鎌田耕一部会長)は11日、労働者派遣法の2012(平成24)年改正と現行法の15(平成27)年改正の実態調査について、関係者のヒアリングを続行。非公開で派遣元企...

2019年12月11日

6割近くが生き残りに危機感  VSNのITエンジニア調査

 アデコグループのエンジニア派遣会社、VSN(川崎健一郎社長)が11日発表したITエンジニアに対する意識調査によると、ベテランを中心にした55.9%のエンジニアが「技術的スキルだけでは生き残れない...

前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

PAGETOP