ニュース一覧

2020年2月14日

20年度目標、検討事項を提示 障害者雇用分科会で厚労省

 労働政策審議会の第95回障害者雇用分科会(阿部正浩分科会長)は14日、2020年度の雇用対策の年度目標や検討項目などについて審議した。  目標項目は19年度の場合、就職件数を18年度(10万2...

若者の離職原因と定着法を探る 積極転職も増加、労政フォーラム

2020年2月13日

若者の離職原因と定着法を探る 積極転職も増加、労政フォーラム

 労働政策研究・研修機構の労働政策フォーラム「若者の離職と職場定着について考える」が13日、都内で開かれた。「753(しちごさん)」と呼ばれる若者の離職の多さに苦労する企業が多いとあって、会場は人...

1月は1107円、41カ月連続増 ディップのバイト時給

2020年2月13日

1月は1107円、41カ月連続増 ディップのバイト時給

 ディップが13日発表した1月のアルバイト時給は平均1107円で、前月比20円(1.8%)減、前年同月比40円(3.7%)増となった。前年比は41カ月連続の増加。  職種別では、看護・介護など専...

2020年2月10日

同一労働同一賃金まであと2カ月 「対応済み」は3割弱、アデコ調査

 アデコが10日発表した「同一労働同一賃金の導入準備進捗状況」(昨年12月実施)によると、大企業の人事担当者500人に対応を聞いたところ、「すでに決まっている」と回答した企業は27.4%に過ぎず、...

2020年2月10日

高校生の内定解禁は9月16日 今春卒と同じ日程、検討会議

 政府、経団連など経済団体、全国高等学校長協会で構成する高等学校就職問題検討会議は10日、来年3月の高校卒業生の採用について、ハローワークによる求人申込書の受け付けを6月1日、企業による学校への求...

2020年2月 7日

現金給与が名目、実質ともマイナス 19年平均、毎勤統計速報

 厚生労働省が7日発表した毎月勤労統計の昨年12月速報値(従業員5人以上)によると、労働者1人あたり現金給与総額は56万5779円(前年同月比0.0%)だった。実質賃金指数(2015年=100)は...

2020年2月 6日

派遣事業者2団体が経済界に協力要請 改正派遣法の周知徹底で「公正な待遇確保を」

 改正労働者派遣法の4月施行を前に、日本人材派遣協会の水田正道会長と日本生産技能労務協会の青木秀登会長が6日、東京・大手町の経団連会館を訪ね、円滑な施行に向け協力を求める文書を手渡した。いわゆる「...

2020年2月 5日

保護者の方が未来に悲観的? AIの影響大、高校生進路意識調査

 リクルートマーケティングパートナーズは5日、全国高校PTA連合会と共同実施した「高校生と保護者の進路に関する意識調査2019」の結果を発表した。それによると、子供の将来にAIが及ぼす影響について...

2020年2月 4日

70歳就業確保の努力義務や中途採用比率の公表など「雇用改革関連法案」を閣議決定 賃金時効請求の延長も 

 政府は4日、企業に70歳までの就業機会を作るよう努力義務を課すことや大企業に中途採用比率の公表を義務付けることなどを盛り込んだ「雇用制度改革関連法案」を閣議決定。予算案件として、雇用保険法や高年...

「みんなの春闘」を盛り上げ 連合が中央総決起集会開く

2020年2月 3日

「みんなの春闘」を盛り上げ 連合が中央総決起集会開く

 連合は3日、都内で2020年春闘中央総決起集会を開き、「みんなの春闘」をスローガンに各単産などから約1100人が結集した。  神津里季生会長は「賃金を上げるにはやはり労組が必要だということを理...

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGETOP