インタビュー&スペシャル一覧

2016年2月22日

非正規増加の主役は若者から高齢者へ

総務省の2015年「労働力調査」より

非正規増加の主役は若者から高齢者へ

 総務省がこのほど発表した2015年「労働力調査」(速報)では、役員を除く雇用者5284万人(前年比44万人増)のう...


2016年2月15日

不適切な「監理団体」の徹底排除と新機構設立で厳格対応へ

「外国人技能実習適正実施法案」の趣旨と要所

不適切な「監理団体」の徹底排除と新機構設立で厳格対応へ

 昨年の通常国会終盤の9月4日に衆院法務委員会で審議入りした、外国人の技能実習制度を抜本的に見直す「外国人技能実習適...


2016年2月 8日

新規提出予定7本、継続法案3本の概要と行方

第190通常国会、厚生労働関係の政府提出法案

新規提出予定7本、継続法案3本の概要と行方

 1月4日に召集された第190通常国会で、政府は2015年度の補正予算を成立させ、2月から新年度予算の本格審議が始ま...


2016年2月 1日

消費増税でもめた背景に政治不信?

◆経済トピックス◆ 軽減税率とインボイス

消費増税でもめた背景に政治不信?

 2017年4月に予定されている消費税の10%アップを巡り、昨年秋から政府・与党で議論された内容は主に2点に絞られた...


2016年1月25日

登壇者挨拶に垣間見える「政治」スタンスと思惑

連合の2016年新年交歓会

登壇者挨拶に垣間見える「政治」スタンスと思惑

 1月5日に東京都内で開かれた連合の2016新年交歓会。年明けの恒例行事だが、今年は、神津里季生会長と逢見直人事務局...


2016年1月20日

理工系11学部で学ぶ多彩な学生たち、厚い日本への親愛

ベトナムの理系新卒を日系企業へ、「日越就業能力開発プログラム」開講 ―(下)

理工系11学部で学ぶ多彩な学生たち、厚い日本への親愛

eラーニングやインターンシップ制の導入、文化交流イベント開催も  ホーチミン工科大の校舎4階の一室。日本語講師の山...


2016年1月19日

トゥン准教授「初の総合的取り組みに磨きかけ、実績つくる」

ベトナムの理系新卒を日本企業へ、「日越就業能力開発プログラム」開講 ―(中)

トゥン准教授「初の総合的取り組みに磨きかけ、実績つくる」

 日本の長岡科学技術大学・大学院で学んだ経験も持つダン・ダン・トゥン准教授=写真下。日本企業へ優秀な学生を送り出すチ...


2016年1月18日

ホーチミン工科大と人材サービス会社が連携・共同運営

ベトナムの理系新卒を日本企業へ、「日越就業能力開発プログラム」開講 ―(上)

ホーチミン工科大と人材サービス会社が連携・共同運営

 東南アジアの大学新卒者の採用に注力する日本企業の流れが加速している。これまでの「即戦力人材の中途採用」から「優秀な...


2016年1月11日

法改正で取得を後押し、労政審の建議

介護・育児休業の使い勝手は向上するか

法改正で取得を後押し、労政審の建議

 労働政策審議会の雇用均等分科会(田島優子分科会長)が昨年暮れ、厚生労働相に建議した「育児・介護休業の見直し」は、安...


2016年1月 1日

2015-16年 雇用・労働法制の回顧と展望―(5・完)

<特別寄稿>大阪大学大学院法学研究科教授 小嶌 典明さん

2015-16年 雇用・労働法制の回顧と展望―(5・完)

解決金の高騰を招く可能性もある解雇の金銭的解決  歴史は繰り返す。解雇の金銭的解決をめぐる議論も、その例外ではない...


前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

PAGETOP