ニュース一覧

地方の定住人口増加へ挑戦  ランサーズなどベンチャー5社

2019年2月15日

地方の定住人口増加へ挑戦  ランサーズなどベンチャー5社

  クラウドソーシングのランサーズなどベンチャー5社による「地域の定住人口増加への取り組み」説明会が15日、都内で開かれた。同社をはじめ、ソフト開発のフェンリル(大阪市、牧野兼史CEO)...

2019年2月14日

パワハラ防止など改正法案要綱を答申  中小には配慮、雇用環境・均等分科会

 労働政策審議会の第14回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は14日、女性活躍推進法(女活法)改正と職場のパワーハラスメント、セクシャルハラスメント防止対策について、厚生労働省が出した改正法...

2019年2月14日

総人件費は3%、4兆円の増加に  帝国データの19年度企業調査

 帝国データバンクが14日発表した2019年度「賃金動向に関する企業の意識調査」によると、「労働力の定着・確保」に向けて賃上げする企業が初めて80%を超え、給与・賞与の増加額は約4.1兆円にのぼる...

2019年2月13日

官民の雇用促進へ「意見書」了承、法案改正へ 労政審、障害者雇用分科会

 労働政策審議会の第84回障害者雇用分科会(阿部正浩分科会長)は13日、民間企業と政府・地方公共団体など公的機関の障害者雇用の充実に向けた意見書を了承した。厚生労働省は意見書に基づいた障害者雇用促...

2019年2月12日

副業している人は1割、4割が希望  過重労働の懸念も、パーソル総研

 パーソル総研が12日発表した副業の実態・意識調査によると、現在、副業をしている人の割合は10.9%で、過去に副業の経験のある人は9.9%、経験のない人が79.2%を占めた。しかし、今後、副業をし...

2019年2月 8日

現金給与5年連続増、実質は2年ぶりプラス 18年の毎月勤労統計速報、厚労省

 厚生労働省が8日発表した2018年の毎月勤労統計調査(従業員5人以上事業所、速報)によると、現金給与総額は月間平均で32万3669円(前年比1.4%増)と5年連続で増えた。うち、所定内給与は24...

1月のバイト時給は1067円、29カ月連続増 ディップ調査

2019年2月 5日

1月のバイト時給は1067円、29カ月連続増 ディップ調査

 ディップが5日発表した1月のアルバイト平均時給は1067円で、前月比0.6%減、前年同月比3.4%増となった。対前年では29カ月連続で上昇を続けている。  職種別では、調査対象の9職種中6職種...

雇用促進の充実強化に向けた「意見書」、次回取りまとめへ  障害者雇用分科会

2019年2月 1日

雇用促進の充実強化に向けた「意見書」、次回取りまとめへ  障害者雇用分科会

 労働政策審議会の第83回障害者雇用分科会(阿部正浩分科会長)は1日、民間企業と政府・地方公共団体など公的機関における障害者雇用施策の充実強化に向けた「意見書」について、厚生労働省がこれまでの同分...

昨年の年間有効求人倍率は1.61倍、9年連続の上昇

2019年2月 1日

昨年の年間有効求人倍率は1.61倍、9年連続の上昇

 厚生労働省が1日発表した昨年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同じ1.63倍となった。倍率は9月に上昇、10月は低下し、再び上昇して高止まり状態が続く。第1次石油ショック直後の74年1月...

2019年2月 1日

事業所、離職者とも増加  10~12月の再就職援助計画 厚労省

 厚生労働省が1日発表した2018年度第3四半期(10~12月)の「再就職援助計画」認定状況(速報)によると、認定事業所は173事業所、離職者数は7767人となった。前年同期に比べて57カ所、14...

前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

PAGETOP